おげんき●ニッキ

アニメ、漫画、映画なんかの感想をコツコツ書くよ
おげんき●ニッキ TOP  >  スポンサー広告 >  進撃の巨人 >  【進撃の巨人22話感想】死者も生者も痛めつける残酷さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【進撃の巨人22話感想】死者も生者も痛めつける残酷さ



第22話「敗者達」感想

リヴァイとミカサ
会話はギスギスしている

しかし実力者二人での共闘は
ワクワクする展開だ。

リヴァイはスピードで女型の巨人を圧倒。
エレンを救い出すことに成功。

しかしこの時ミカサを庇って足を負傷。

撤退する時、苦しむことに。

兵士ディターは友人の遺体を回収することにこだわる。
彼の身勝手な行動が巨人を引き寄せてしまう。

リヴァイは足をケガした上に平地での撤退。

為す術もなく回収できた遺体を投げ捨てることに。

壁内に戻ったあとも苦痛は続く

戦死者の家族に会わせる顔もなく
民衆の罵倒を受ける調査兵団。

調査兵団は支持を失い
エレンを保護することもできず
身柄を王都に引き渡すことになった。

今回のエピソードはキツかった。
絵とはいえ兵士の遺体の取り扱いを見てると辛くなる。

アニメオリジナルの部分については
悲劇を過剰に演出している面があるので
一部に批判が出ているのも分かる。

しかし、自分はそれほど悪くないと思っている。
なんだかんだで原作と相性のいい演出だと感じた。

原作でもエレンの目の前で母親が巨人に喰われたり
ミカサの両親が殺される場面なんかは
一歩間違うと禁じ手となりうる危ういところである。

原作とアニメオリジナルの際どいエピソードが
うまく補完し合って、全体的に調和が取れたように感じた。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/12 01:16 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク1
【進撃の巨人】
エレンmii80_02ミカサmii80_02 エルヴィンmii80_02リヴァイmii80_02
→miiのまとめ
●●
プロフィール

ogenki1

Author:ogenki1
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。